キーワードで語る事業の特徴

キーワードで語る事業の特徴

キーワードで語る事業の特徴

私たちのビジネスの舞台は、
自動車のアフターマーケット。

多様化するニーズに応え、安全・快適なクルマ社会を支えていくために、当社が取り組んでいる事業の特徴について紹介します。

アフターマーケットを活性化する
【共販ビジネス】

私たちのミッションは、トヨタ車のユーザーの方々に、アフターサービスを確実に遂行できる体制を整えて「安心」「快適」をお届けすること。そのために、2つの役割を担っています。ひとつはクルマを構成する数万点もの部品の中から、必要とされる部品をジャストインタイムでディーラー(販売店)や自動車整備工場 へデリバリーする"ロジスティクス機能"。そしてもうひとつはより魅力的な商品や情報を提供し、アフターマーケットを活性化させていく"マーケティング機能"です。

トヨタ部品 2つの役割 ロジスティクス:必要な補修部品・多彩なアクセサリーパーツをスムーズかつスピーディーに供給する。
マーケティング:より良いカーライフの提供と市場の活性化のために、魅力的な商品・販売に関する企画提案を行う。

取扱い商品は
【100万点を超える部品・用品】

私たちが取り扱う部品や用品の種類はおよそ100万点。商品の柱は大きく2つあります。ひとつは、高品質・高信頼性を誇るトヨタの純正品。そしてもうひとつは純正品よりリーズナブルな部品・用品をカバーしたトヨタのオリジナルブランド、"ドライブジョイ"(パーツ・ケミカル)です。また、昨今ではHIDバルブ・LEDランプや外国製高級オイルなどの高付加価値部品やタイヤなどもラインナップに加え、多様なユーザーの満足にお応えできる体制を整えています。

【3つのルート】で
東京・山梨へ事業を展開

当社は全国自動車保有台数の10%が集中する東京および山梨エリアで事業を展開しています。トヨタのディーラーに商品を供給する「販売店ルート」、自動車修理工場やガソリンスタンドへ商品を供給する「直売ルート」、各地の部品商を通して修理工場やガソリンスタンドなどに商品を供給する「卸ルート」の3つのルートにより、きめ細かな提案と迅速な商品供給を実現しています。今後も各ルートを一層強化し、ビジネスのさらなる拡大を図っていきます。

トヨタの共販ビジネスとは? 綿密なマーケティングと万全のロジスティックス体制により、「必要なものを、必要なときに、必要なだけ=JUST IN TIME」を実現。

【めざす共販店像】を追求して
改善・改革を推進

「めざす共販店像」の実現に向けて、人材、営業、供給・物流、経営という4つの視点から中期ビジョン(2013~2015)による様々な改善・改革を進めています。
●めざす共販店像
いつの時代でも東京共販はお客様(販売店・外販とも)にとって、なくてはならない灯存在であり続けたい
~部用品のプロとして、お客様から会社と社員(従業員)がたより灯にされる存在に!

具体的な取り組み 人材/人事制度の改革、多様性・専門性を高める教育機会の提供
営業/販売店、外販の各ルートに対応した営業体制・環境の再構築
経営/計画的な設備投資の展開と柔軟な仕組みづくりによるCSR経営の徹底推進
生産性・サービス性の向上とコスト低減の追求